ホーム > トレード日記(2017年03月)   前へ   次へ
2017年03月16日(木)

空売りに回った個人投資家が損失を抱えていること、4月は外国人の買いが増える傾向にあることなどから、セオリーでは買い継続でしょうか?

ですが、監視銘柄の中では何を買っても負ける気しかしないので、新たなポジションを取る意欲どころか相場を監視する意欲も湧きません。

しばらく様子見が続くかもしれないので無駄足にならないように注意して下さいね。

・うるる:+33,000円

保有:1銘柄

今月:+669,000円

2017年03月13日(月)

先週末半分利食いした銘柄に関してですが、本日をもって全株利食いとなりました。

取れた値幅は16%なので、妥協して買った銘柄の割には頑張ってくれた方だと思います。

過去最高勝ち額(71万円)は更新できませんでしたが、それでも2位に食い込んだので満足です。

またしばらくして上昇の気配を見せてくれるなら追いかけてみたいですね。

年初に告知した通り、銘柄名は伏せます。ただし、何の銘柄なのか分かる人には分かるように所々日記に書き記しているのでそこから推察してもらえればと思います。

なぜすべての銘柄名を公開しないのかというと、端的に言えば私自身がすごくメンタルの弱い人間なので、すべてのトレードが見られてしまうと考えると仕掛けも手仕舞いも委縮してしまうからです。

もう何年も前に私が初めてデイトレに挑戦した時のことですが、寒気を感じると同時にキーボードを打つ手が震えていたのを今でも覚えています。

手の震えはその後もしばらく続きました。投入資金は数十万円足らずで、しかもデイトレが前提なのにも関わらずです。

昔ネットでトレーダー適性診断みたいなのを複数のサイトでやってみたことがあるんですが、どれもが「あなたはトレーダーには向いていない」というニュアンスの診断結果が出ました。

元々積極的にリスクを取れる性格ではないという自覚はあったのでこの診断結果は納得で、今後どれだけ頑張っても無意味なのかなという考えがよぎることは少なからずありました。それでも、きっとこの恐怖は克服できると信じてトレードを続けました。

不思議なことに、トレードを続けることで年を追うごとに少しずつ緊張感が薄れていったのではなく、ある時期に何の前触れもなくパッタリと緊張しなくなりました。株価の上下の動きによって自分の心が揺さぶられることが全くなく、常に平常心でいられるんです。これには自分でも驚きました。

いつかは多大なドローダウンを被って廃業となる日が来るかもしれませんが、それすらも覚悟して相場に臨むことができるようになりました。元手は100万円で、しかもそれは既に出金済みなので、今後どんなに損失を出そうとも株式市場では勝ち組として退けることは確定しています。そしてその気持ちが、更に自分に自信を持たせてくれています。

もしこれを読んでいる方で私と同じようにトレーダーとしての適性がないことに悩んでいる方がいるとしたら、その方に私が言いたいことは、諦めずに続ければいつかはきっと恐怖(あるいは欲)を克服できる日が来るということです。

心理学ではこれを馴化(じゅんか)と言い、同じ刺激を何度も受けていると、その刺激に対する反応が次第に鈍化していくとされています。

私の場合は少しずつ恐怖心が和らいでいるような気配が何年もの間なかったので嘘なのではないかと思ったりもしたんですが、最終的にはこの概念の通りの結果となりました。

おっと、脱線したので話を戻しますが、デイトレであればどの銘柄をトレードしたと事細かに記した所で、重要なのは何時何分に売買したかということですから、誰でも気軽に公開できますよね。

ですがスイング・ポジショントレードだと何日に売買したかが重要なので、日付と銘柄名を組み合わせればほぼ自分のトレードスタイルを公開するに等しいことになります。

損益だけを公開すればいいという前提で日記を書くなら仕掛けも手仕舞いも楽ですが、必ず銘柄名も添えなければならないとなると日記を続けるのが苦しくなってやめたくなるかもしれない。

でもせっかく始めた日記を、デイトレをやめたからという理由でやめてしまうのも何かもったいないと思ったのでこういう形に落ち着きました。

しばらくはこのような感じでまったりと日記を続けることにしたいと思います。

・銘柄D:+636,000円

保有:1銘柄

今月:+636,000円

2017年03月10日(金)

本日手持ちの1銘柄を半分利食い。

現在の株価は目標株価でもなんでもないんですが、先月述べたように元々本命を逃して妥協して仕掛けた2番手の銘柄だったこと、今年に入ってから(ワイエイシイで含み益が50万円程度減ったりなど)クリーンヒットがなくてそろそろまともな勝ちが欲しかったことから、手堅く利食いを優先させました。

はっきり言ってどちらの理由も、それは利食いの理由になるのか?と言われてもおかしくないほどいいかげんなのは承知してますw

残りも来週中、というか恐らく月曜日にでも利食いするつもりです。

ちなみに、その初動を逃して諦めた本命銘柄というのはJIAだったんですが、いや~ものの見事に順調に上げていってます。

正直言って悔しいです。言葉では言い表せないほどに・・・。

仕掛けていればまず間違いなく過去最高勝ち額は突破していましたね。

初動を逃したといっても、重点監視はしていて上げている最中もずっと見ていたんですよ。

それなのになぜ買わなかったのかというと、動き始めた日が自分の中では見送った方が無難であると感じる日足だったので、明日以降にしようと思っていたらその日に3%程度上げてしまったんです。

去年の投入資金に対する平均損益率は3%未満だったので、「買うべき水準を見送って3%上げられてしまったものを後追いで買うべきだろうか?」と悩んでいたら更に上げてしまい、次の日以降はもう手遅れ、という感じになりました。

数学的に言えば、平均損益率が3%未満であることが、見送って3%上げられた銘柄を買って手遅れになることを意味するわけでは全くありません。

平均利益率が3%未満だったら確かに見送るべきでしたが、平均損益率が3%未満だっただけなので、後追いで買っても十分期待値はプラスだったんです。ちなみに去年の平均利益率は19%でした。

何より私自身が含み益の出ているポジションでのみ後追いで更にポジションを積み増しするピラミッディングの手法を使っているので、1回初動を逃したくらいなんてことないはずなんです。

でもその日はそこまで思い至りませんでした。反省すべき点はそこですね。

先月末あるいは今月の初日に押し目買いのチャンスはありましたが、順張りで買いたかったので潔く諦めました。

今の戦略(長めの時間軸&集中投資)に切り替えてから気づいたデメリットについて2点ほど。

一つ目は、1度の失敗における逸失利益がデイトレの比ではない程大きい(今回のケースでは約100万円で、私にとっては大金である)為、年間にそう何度も失敗するわけにはいかないというプレッシャーがのしかかることです。

たとえプレッシャーがなかったとしても、実際に年間の損益は大きくブレてしまうのでプレッシャーを感じなければそれはそれで問題になりそうです。

そしてもう一つは、ものすごく仕事をさぼっているような感覚に襲われるということです。

一つの銘柄に大量に資金を投入するのが集中投資なので、仕掛けた後は材料が出ていないか目を配ること以外にすることがほとんどありません。

これって人によっては耐えられないと思います。分散投資のように色々な銘柄を頻繁に入れ替えたりしながらトレードした方が楽しいという人の方が多いのではないでしょうか?

私自身の考えとしては、資金がファンドマネージャーレベルでない限りは分散投資よりも集中投資の方が有利だと思って自らこの戦略を選んでいるので、文句はないんですけど。

どの戦略を選んでも一長一短であるが故に、各人がそれを受け入れながら相場に参加しなければならない。その規律を保ち続けるブレないメンタルが、投資では重要な要素になってくるんでしょうね。

保有:2銘柄

今月:0円

2017年03月01日(水)

デイトレで稼ぐのはやめようと思ったのが去年の5月頃なので、そろそろ10ヶ月が経過しようとしています。

さすがに数週間以上の保有が前提の長い時間軸でトレードをすることには慣れました。

仕掛けることに対する恐怖心も徐々に薄れ、今では自分の戦略に従って適切なロットを入れられるようになってきました。

その代わりに、短期トレードがメインだった頃に常時表示させていた値上がり率ランキング・値下がり率ランキング・ティック回数ランキングを消したので、最近どんな銘柄が注目されているのかというのはあまり分からなくなると同時に、デイトレもすっかりやらなくなりました。

現状はデイトレをやらなくなることによって稼ぎは確実に落ちています。稼ぎが減ることによる焦りがないと言えば嘘ですが、それでもデイトレーダーに戻ることは恐らくないでしょう。

理由としては、まず私自身がマルチタスクをこなせる器用な人間ではないから、というのが一つです。

デイトレもスイングも長期投資も同時にこなせる人って探せばいくらでもいると思うんですが、多分私がそれを真似したらどれもが中途半端になってしまいかねないという危惧があります。

敢えて一つの時間軸に特化することで頭の中がその時間軸のトレードで洗練されていくので、どの時間軸も中途半端になるというリスクは完全に排除できるというメリットがあるんですよね。

もう一つの理由としては、デイトレがメインだった頃に比べてザラバ以外の時間帯がそこそこ忙しいから、です。

ザラバは比較的暇なんですが、朝は日経新聞を読み、大引け後は決算をくまなく調べ、さらには気になる銘柄の四季報を読みこんで投資対象を絞っていく・・・。

これらの作業が結構大変です。特に決算ラッシュで一日数百銘柄の決算が出る日などはなおさらです。500銘柄を超える日は地獄ですよ。

業績を調べたり四季報を熟読するのが好きな人がいるというのを聞いたことがあるんですが、どうも私はそっちの部類の人間ではないようです。

今のところ「長期トレードで勝ち続けられるか?」と聞かれたら、「無理かも」というのが正直なところですが、先ほども言ったようにデイトレーダーには戻らないと思います。

デイトレで昔は余裕で勝てたのに最近は勝てなくなった、という人はたくさんいると思いますが、その逆は少ないですからね。

なんとか長期トレードで生き残っていきたいものです。

保有:2銘柄

今月:0円

ページの先頭へ   月間損益   プロフィール   メールフォーム