ホーム > トレード日記   前へ   次へ
生き残りを懸けた長期トレード戦略

スポンサーリンク

2017年03月01日(水)

デイトレで稼ぐのはやめようと思ったのが去年の5月頃なので、そろそろ10ヶ月が経過しようとしています。

さすがに数週間以上の保有が前提の長い時間軸でトレードをすることには慣れました。

仕掛けることに対する恐怖心も徐々に薄れ、今では自分の戦略に従って適切なロットを入れられるようになってきました。

その代わりに、短期トレードがメインだった頃に常時表示させていた値上がり率ランキング・値下がり率ランキング・ティック回数ランキングを消したので、最近どんな銘柄が注目されているのかというのはあまり分からなくなると同時に、デイトレもすっかりやらなくなりました。

現状はデイトレをやらなくなることによって稼ぎは確実に落ちています。稼ぎが減ることによる焦りがないと言えば嘘ですが、それでもデイトレーダーに戻ることは恐らくないでしょう。

理由としては、まず私自身がマルチタスクをこなせる器用な人間ではないから、というのが一つです。

デイトレもスイングも長期投資も同時にこなせる人って探せばいくらでもいると思うんですが、多分私がそれを真似したらどれもが中途半端になってしまいかねないという危惧があります。

敢えて一つの時間軸に特化することで頭の中がその時間軸のトレードで洗練されていくので、どの時間軸も中途半端になるというリスクは完全に排除できるというメリットがあるんですよね。

もう一つの理由としては、デイトレがメインだった頃に比べてザラバ以外の時間帯がそこそこ忙しいから、です。

ザラバは比較的暇なんですが、朝は日経新聞を読み、大引け後は決算をくまなく調べ、さらには気になる銘柄の四季報を読みこんで投資対象を絞っていく・・・。

これらの作業が結構大変です。特に決算ラッシュで一日数百銘柄の決算が出る日などはなおさらです。500銘柄を超える日は地獄ですよ。

業績を調べたり四季報を熟読するのが好きな人がいるというのを聞いたことがあるんですが、どうも私はそっちの部類の人間ではないようです。

今のところ「長期トレードで勝ち続けられるか?」と聞かれたら、「無理かも」というのが正直なところですが、先ほども言ったようにデイトレーダーには戻らないと思います。

デイトレで昔は余裕で勝てたのに最近は勝てなくなった、という人はたくさんいると思いますが、その逆は少ないですからね。

なんとか長期トレードで生き残っていきたいものです。

スポンサーリンク

保有:2銘柄

今月:0円

ページの先頭へ   月間損益   プロフィール   メールフォーム