ホーム > 日記   前へ   次へ
株式投資における馴化

2017年03月13日(月)

先週末半分利食いした銘柄に関してですが、本日をもって全株利食いとなりました。

取れた値幅は16%なので、妥協して買った銘柄の割には頑張ってくれた方だと思います。

過去最高勝ち額(71万円)は更新できませんでしたが、それでも2位に食い込んだので満足です。

またしばらくして上昇の気配を見せてくれるなら追いかけてみたいですね。

年初に告知した通り、銘柄名は伏せます。ただし、何の銘柄なのか分かる人には分かるように所々日記に書き記しているのでそこから推察してもらえればと思います。

なぜすべての銘柄名を公開しないのかというと、端的に言えば私自身がすごくメンタルの弱い人間なので、すべてのトレードが見られてしまうと考えると仕掛けも手仕舞いも委縮してしまうからです。

もう何年も前に私が初めてデイトレに挑戦した時のことですが、寒気を感じると同時にキーボードを打つ手が震えていたのを今でも覚えています。

手の震えはその後もしばらく続きました。投入資金は数十万円足らずで、しかもデイトレが前提なのにも関わらずです。

昔ネットでトレーダー適性診断みたいなのを複数のサイトでやってみたことがあるんですが、どれもが「あなたはトレーダーには向いていない」というニュアンスの診断結果が出ました。

元々積極的にリスクを取れる性格ではないという自覚はあったのでこの診断結果は納得で、今後どれだけ頑張っても無意味なのかなという考えがよぎることは少なからずありました。それでも、きっとこの恐怖は克服できると信じてトレードを続けました。

不思議なことに、トレードを続けることで年を追うごとに少しずつ緊張感が薄れていったのではなく、ある時期に何の前触れもなくパッタリと緊張しなくなりました。株価の上下の動きによって自分の心が揺さぶられることが全くなく、常に平常心でいられるんです。これには自分でも驚きました。

いつかは多大なドローダウンを被って廃業となる日が来るかもしれませんが、それすらも覚悟して相場に臨むことができるようになりました。元手は100万円で、しかもそれは既に出金済みなので、今後どんなに損失を出そうとも株式市場では勝ち組として退けることは確定しています。そしてその気持ちが、更に自分に自信を持たせてくれています。

もしこれを読んでいる方で私と同じようにトレーダーとしての適性がないことに悩んでいる方がいるとしたら、その方に私が言いたいことは、諦めずに続ければいつかはきっと恐怖(あるいは欲)を克服できる日が来るということです。

心理学ではこれを馴化(じゅんか)と言い、同じ刺激を何度も受けていると、その刺激に対する反応が次第に鈍化していくとされています。

私の場合は少しずつ恐怖心が和らいでいるような気配が何年もの間なかったので嘘なのではないかと思ったりもしたんですが、最終的にはこの概念の通りの結果となりました。

おっと、脱線したので話を戻しますが、デイトレであればどの銘柄をトレードしたと事細かに記した所で、重要なのは何時何分に売買したかということですから、誰でも気軽に公開できますよね。

ですがポジショントレードだと何日に売買したかが重要なので、日付と銘柄名を組み合わせればほぼ自分のトレードスタイルを公開するに等しいことになります。

損益だけを公開すればいいという前提で日記を書くなら仕掛けも手仕舞いも楽ですが、必ず銘柄名も添えなければならないとなると日記を続けるのが苦しくなってやめたくなるかもしれない。

でもせっかく始めた日記を、デイトレをやめたからという理由でやめてしまうのも何かもったいないと思ったのでこういう形に落ち着きました。

しばらくはこのような感じでまったりと日記を続けることにしたいと思います。

スポンサーリンク

保有:1銘柄

今月:+636,000円

ページの先頭へ   月間損益   プロフィール   メールフォーム